Press Enter / Return to begin your search.

theo(テオ)と他社のロボアドバイザーを比較!

theo(テオ)は、他社のロボアドバイザーサービスと比較して、どうなのでしょうか?
今回は、テオのサービス内容に注目して、他社のロボアドバイザーとテオのロボアドバイザー、どちらがおすすめなのかを解説しています。

他者とテオのロボアドバイザーを比較する時に一番見るべきポイントは、手数料体系だと思われます。
他社の場合、とある大手証券会社が提供するロボアドバイザーだと、手数料が固定報酬型の手数料で0.7%以上徴収され、成果報酬部分については、5%以上となかなかの高い手数料率が徴収されているのが特徴です。
テオのロボアドバイザーの場合だと、一律で年率1%の手数料となっていますので、手数料体系では、テオの方が有利かと思われます。
また、テオの場合は、3000万を超える金額を運用した場合、0.5%まで手数料が圧縮されますので、高額な金額の資産運用を預けた場合は、テオの方が断然、手数料的にお得ということになります

あと、比較することは、取引対象銘柄についてです。
ロボアドバイザーの設定によって、投資対象が変わってきますが、テオの場合は、海外のETF銘柄が基本となっています。
ETFは上場投資信託と言って、テオが選ぶ銘柄は、世界各国の株価指数と連動している傾向があります。
そのため、インデックス投資に近い形での運用方式が取られ、リスクを抑えた安全な運用をやってもらうことが可能です。
当然、価格変動を伴う金融商品ですので、元本割れリスクはありますが、個人で取引を行うより、はるかに安全に資産運用を継続していくことができるでしょう。

テオでは、個人の資産状況や年齢に応じて戦略をブラッシュアップしてくれますので、より安全な運用が可能となります。
運用戦略は定期的に見直され、ポートフォリオが自動でリバランスされますので、投資家自らが判断して、銘柄を入れ替えたりするような手間はありません。

ですから、勉強をしなくても、本格的なプロの資産運用を行うことができるわけです。
また、預け入れた資金は自動で一定額積立されていきますので、毎月入金の手続きをする必要もありません。
設定額も調節ができ、不安であれば設定額を抑えて資金を投入することも可能です。
積立はドルコスト平均法がベースとなっていますので、長期的に運用をすればするほど有利に利益を乗せていくことができるでしょう。

他社のロボアドバイザーと比較しながら、自分に合った条件の業者を選ぶことが肝心です。
インターネット等を活用すれば、テオのようなロボアドバイザーをやっているブロガーがいますので、そういったブロガーのサイトで情報を収集して、自分に合った業者を選んでみてください。