Press Enter / Return to begin your search.

theo(テオ)はいくらから始められる?手数料は?

theo(テオ)のロボアドバイザーサービスは、いくらから始めることができるのでしょう?
他の金融商品と比べて比較的手数料が安いと言われているロボアドバイザーですが、テオの手数料プランは、どのような設定になっているのでしょうか?
詳しく説明したいと思います。

テオの手数料は年率で1%とされています。
3,000万円以下であれば1%で、3000万円を超える金額になると0.5%の割安手数料が適用されます。
年率1%というのは、例えば3000円を預けた場合30万円の手数料がかかる計算です 。
こう見ると少し運用手数料が高いような気がしますが、口座開設手数料や口座管理手数料、取引手数料、入金手数料、出金手数料などは全て無料となっていますので、トータルで見ると他の金融商品より安く設定されているのではないかと思われます。
ただ運用がマイナスで推移していても、この1%という手数料は徴収されてしまいますので注意が必要です。

ちなみにこの手数料の名目は、運用管理手数料とされており、テオの利用料として考えておくといいでしょう。
ちなみにテオの運用成績は、平均でみると年率で3%から6%の年率の利益を出していますので、 運用管理手数料の1%はその利益から差し引くことができるでしょう。
仮に元本がマイナスになり、手数料がかさむようになれば、いつでも解約はできますので、その点は安心できるのではないかと思われます。

手数料を払っても、テオを利用した方がいい理由はいくつかあります。
それは、分散投資の効果が大変優れているからです。
テオのロボアドバイザーには、人間の管理能力ではできない、ポートフォリオリバランス機能が備わっており、複数の銘柄を一括で管理しながら、理想的なリスク配分を整えていきます。
他にも投資に割く時間を削減することができることや、短期売買と比べて手数料が格安で済むと言うメリット、月1万円の積立てから始められるという利点もあるため、興味がある人はテオのロボアドバイザーをチェックしてみるといいでしょう。

ちなみにテオの口座開設をする時には、特定口座の源泉徴収ありを選んでおくと便利です。
theoで得た配当金は、課税所得ということになりますので、税金の対象になってしまいます。
そのため、毎年の確定申告の時には、その金額を加算しなければならないのですが、その手間というのはなかなかの負担になってきます。
特に本業がある人は、年明けの忙しい時に確定申告の書類を作成して、まとめなければなりませんので大変なことです。
またテオは、自動売買になりますので取扱銘柄が多く、損益の計算を自分でするのが大変です。
ですから、それらをすべてを代行して行ってもらえる、特定口座の源泉徴収ありを選んでおくべきなのです。
テオの口座開設に関しては、公式ホームページに詳しく解説されていますので、そちらを参考にして申し込んでみましょう。