Press Enter / Return to begin your search.

投資を手軽に!theo(テオ)で自動資産運用

投資を手軽に始められるというtheo(テオ)のロボアドバイザーサービス。
これまでシステムトレードという自動売買は行われていましたが、資産運用を自動で行ってくれるサービスがあるというのを、知らない人は多いのではないでしょうか?
今回は、そんな全自動型資産運用サービス「テオ」を活用する、メリットと注意点について、取り上げてみたいと思います。

テオを活用する利点は、分散投資の優位性を得られるということです。
分散投資というのは、投資する銘柄を分けることで、リスクを少なくする効果がある戦略だと言われています。
そのためテオのアルゴリズムは、海外のETFを中心に、銘柄の種類をたくさん購入して、ポートフォリオを構築します。
銘柄分散すると管理が難しくなりますので、人間の手で取引をするよりロボットが取引する方が正確に運用をすることができます。

人間がたくさんの銘柄のポートフォリオを管理すると、銘柄の数が増えれば増えるほどとっさの値動きにも対応できなくなってしまいますので、あまりおすすめできません。
テオのロボアドバイザーを利用すれば、誰でもそれができるようになるため、投資の初心者から上級者まで、このサービスが利用されています。

ちなみに、口座に預け入れた資金も、分散で毎月一定額を入金するようになっていますので、資金リスクに対しても分散効果があります。
資金を投入するタイミングをずらすことで、値下がりリスクを回避して、仮に相場が下落し始めても、コツコツと安値でポジションが買い増しされて、取得平均が下がっていきます。
相場には行ったり来たりする回帰性という法則がありますので、市場の動向がネガティブからポジティブに変わった時に、大きなリターンを得ることができます。
そのため、テオの利回りは、年率3%から6%以上と、高配当です。

ちなみにテオに資本金を預け入れた投資家は、専用のアプリ等を使って運用状況を把握することができます。
途中解約もできますので、万が一運用がぱっとしない場合は、解約をして資金を逃すことも可能です。

そんな利点の多いテオのロボアドバイザーですが、注意点もあるので気をつけましょう。
一番考えられる注意点としては、元本割れリスクがあるということです。
これは、他の金融商品でも存在しているものなのですが、投資商品というのは、リスクとリターンが切っても切り離せない関係にあります。
そのため、預け入れた資産さんが100%安全に帰ってくる保証というのはない、と考えておくといいでしょう。
ただ、テオの基本戦略は、市場指数と連動したETFを分散投資することですので、基本的にはパフォーマンスが安定しているのが特徴です。
そのため長期的に運用すれば、高い確率でリターンを得られるということを、認識しておけば、仮に元本がマイナスで推移していたとしても、どっしりと構えて運用を楽しむことができるでしょう。