Press Enter / Return to begin your search.

theo(テオ)ユーザーのブログで仕組みを学ぼう!

皆さんは、theo(テオ)の詳しい仕組み知っているでしょうか?
theo(テオ)の資産運用サービスを実践したブロガーのブログは、アルゴリズムによる資産運用の内容を、よく理解するのに最適な資料ではないかと思われます。
インターネットを検索すると、そのようなブログがたくさんヒットしますのでぜひ活用してみてください。

さて、そんなテオの基本的な仕組みですが、初心者でもプロ並みの本格的な資産運用を実践できる素晴らしいサービスです。
投資家は口座にまとまったお金を入れるだけで、毎月設定した金額を投資に積立てていくことができます。
積立金額は1万円から始めることができ、設定額は途中で変更することができます。

テオの他にも色々なロボアドバイザーサービスを提供している業者がありますが、テオと比較してどうでしょう?
ロボアドバイザー系の資産運用を成功させるには、資産を預ける業者をよく選ばなければなりません。
どういう業者を選べばいいのでしょうか?
あるブログを参考にしてわかった業者選びのコツを、ここからは、紹介していきたいと思います。

失敗しない業者選びのコツとしてまず挙げられるのは、運用戦略が明確なところを選ぶことです。
ロボアドバイザーに一度資産を預けると、投資家自らの判断で銘柄を選んだりポートフォリオを調整することはできません。
ですから、どのような銘柄を選ぶロボアドバイザーなのかについて、よく調べておく必要があります。

基本的には、海外のETF銘柄を対象に取引が行われているロボアドバイザーが多いです。
テオもその一つでしょう。
なぜ、海外のETF銘柄が選ばれるのかと言うと、日本国内とは違って、海外の経済発展の方が、上昇パーセンテージが高いからです。
そのため、世界各国の市場指数と連動しているETFを選べば、それに比例して運用のパフォーマンスも上がるという理由があります。

また、ロボアドバイザーの強みとしてあげられる機能として、ポートフォリオのリバランス機能があります。
これは、どのようなリバランスが行われるのかの説明が明確な業者を選んでおけば、心配が少なくなります。
リバランスというのはポートフォリオを組み換えて、リスク配分を調整していくことを言います。
例えばテオの場合だと、低成長リスク、低金利リスク 、インフレリスクなどのリスク配分を考慮して、どのリスクを積極的に取っていくかを、アルゴリズムが独自に分析しながらポートフォリオのリバランスが行われます。
人間の計算能力ではできないような分析がアルゴリズムなら可能ですので、人の手によって運用されるより、はるかに安全な運用が期待できます。
気になる人は、テオのようなロボアドバイザーサービスを色々比較してみて、口座開設してみるといいでしょう。