Press Enter / Return to begin your search.

theo(テオ)の利回りは要チェック!

theo(テオ)のロボアドバイザーの利回りは、これまでの実績を見ると、なかなか期待できます。
これまで、銀行の定期預金に資本金を預けていた人はその利回りの高さにびっくりすることでしょう。
ではテオの利回りはどの程度期待できるのでしょうか?

テオの期待利回りは、市場の流れが調子良ければ、年率で6%以上稼ぐことができます。
これは3000万円のお金を預ければ、180万円の配当金を毎年受け取ることができるということになります。
当然手数料を加味していませんのでその分を差し引くともっと少なくなりますが、それでもなかなかの配当金だと言えるでしょう。
そんなテオですが、なぜ高配当利回りを獲得できるのでしょうか?
投資戦略には一体どのような内容の戦略を用いているのでしょうか?

テオの利回りが高い理由はやはり分散積立投資によるドルコスト平均法とインデックス投資にあるかと思われます。
インデックス投資は、市場平均に連動して運用するタイプの戦略で、取り扱うETFも、株価指数と連動した銘柄になります。
そのため銘柄の破綻リスクが少なく、長期的に銘柄を保有しても安全に運用できるのが特徴です。
それに加えて、ドルコスト平均法を用いて価格が安い時にポジションを建てていきますので、取得平均が下がり、相場が値を戻した時には、大きな利益になりやすいという儲けの理由があります。
また銀行預金とは違って、テオの資産運用は、投資家自身のお金がリスクを負うことになりますので、そのリスクに応じたリターンと考えておけばいいでしょう。

そんなテオのロボアドバイザーですが、長期運用をするうえで大変優れた金融商品となっています。
長期資産運用の基本としては、ポートフォリオを組まないといけません。
ポートフォリオとは、投資銘柄を組み合わせて戦略ポジションを建てることです。
長期運用をする場合は、リスクを極力最小限に抑えて、リターンを最大化していくことを目指して銘柄を組み合わせていきます。
ただ、それを一般の個人がやるのはかなり投資の勉強を必要とするでしょう。
そこでテオ活用すれば、自分では管理を行わずして、有効な資産運用を代行してくれるというわけです。

テオで資産運用をする場合は、テオの業者と口座開設をしなければなりません。
口座開設は、一般口座、特定口座の源泉徴収あり、特定口座の源泉徴収なしの三つから口座タイプを選びます。
自分が必要とする口座を選択して、申し込みをしてみると良いでしょう。