Press Enter / Return to begin your search.

theo(テオ)の運用実績は?

ここでは、theo(テオ)の運用実績について取り上げてみました。
テオは、市場指数連動型のETFに投資することで、ここ数年なかなかのパフォーマンスをあげています。
利回りは1%から6%と高い利益を投資家に提供しており、安定性のある資産運用サービスとして定評があります。

テオのような自動型資産運用ロボアドバイザーと言いますが、他社のサービスと比べてどうなのでしょうか?
テオの場合は手数料体系が他社よりも安いという強みがあります。
3,000万円以下の預け入れ資産の場合は、1%の手数料は適用されます が、3000万円を超える資本金になると0.5%の手数料まで圧縮されます。
他社と比べて、比較的手数料が安い御用サービスではないでしょうか。

そもそもテオはなぜ、運用実績がいいのでしょうか?
その秘密はインデックス投資と分散投資にあります。
インデックス投資とは、市場指数に連動してパフォーマンスを上げていくタイプの戦略で、長期的に安定した運用ができる手法になっています。
市場指数というのは、その国に何かしらの深刻な有事が起こらない限り、価格がゼロになることはありませんので、一般の企業の銘柄に投資をするよりも、はるかに安全に運用をすることができます。

インデックス投資の対極となる戦略は、アクティブ投資と呼ばれるものです。
こちらは、市場指数よりも高いパフォーマンスを狙っていくため、リスクのある銘柄に対して投資を行います。
長期運用では、インデックス投資の方がパフォーマンスが良い傾向にあります。

後は、銘柄をたくさん分散して運用することで、リスクヘッジ効果を発揮しています。
単一の銘柄に投資するよりも分散して投資をする方が、何かがあった時に利益と損失を相殺できるからです。

他には、投資された資金の分散効果も期待ができます。
テオはドルコスト平均法で積み立てていく手法ですので、相場の調子が悪くても長期的に運用すればするほど取得平均が下がっていきます。
そのため、価格回帰の動きが起こった時に利益になりやすい傾向があります。
相場というのは、基本的には上がれば下がるし下がれば上がります。
この動きを前提として、安くなった時にたくさんのポジションを建てて、高くなった時に売却して利益を得るという繰り返しをテオが自動で行います。

さらに利益になった分のお金を銘柄に再投資して、複利効果で資産が増えていく可能性があるので、テオは資産運用の実績がいいわけです。
資産運用にロボアドバイザーを活用しようと考えている人は、テオのルールをよく確認して、口座開設をしてみましょう。